視力回復・レーザー手術 > レーザー手術後の合併症や後遺症について【夜間における視力の低下】

レーザー手術後の合併症や後遺症について【夜間における視力の低下】

視力回復の為のレーザー手術でレーシックと言う手術方法があります。手術を受けた後は合併症や後遺症を併発してしまう可能性がありますので、きちんと認識しておく必要があると思います。ここでは「夜間における視力の低下」について説明してみたいと思います。

夜間視力が低下すると言う後遺症の事を「ハロ」と「グレア」と言う様に呼んでいます。
「ハロ」と言うのは例えば夜間に明かり(主に蛍光灯)を見るとその光が何となく膨張しているような感じがしたり、すごく眩しくて直視出来なかったりする様な感じの事を言い、「グレア」と言うのはその光の周りに何となく輪っかが架かっているような感じでボヤーっとして見える様な症状の事を言います。

こう言う様な現象を引き起こしてしまう原因については様々な説がある様なのですが、レーシック手術を受けた事によって起こる光の収差が増えた事、光の乱反射が慣れなくて上手く調節できない事が原因ではないかと言うのが最も有力視された説になっているようです。

これを防げるかどうかは別としてレーシック手術を行う前に適応検査において夜間の瞳孔径が大きいか小さいかを判断してもらい後遺症が出る可能性があるかどうかと言うのは事前に分かる様なので聞いておく様にしましょう。

どちらの現象や症状が起こったとしても、一時的な物で時間が経つと自然に治っていく場合の方が多いのであまり気にしない様にしましょう。また注意しなければならないのは夜間に運転などをする場合ですので、こう言った場合にはどうなるのかきちんと調べておく必要があると思います。