視力回復・レーザー手術 > レーザー手術後の合併症や後遺症について【ドライアイ】

レーザー手術後の合併症や後遺症について【ドライアイ】

視力回復の為のレーザー手術でレーシックと言う手術方法があります。手術を受けた後は合併症や後遺症を併発してしまう可能性がありますので、きちんと認識しておく必要があると思います。ここでは「ドライアイ」について説明してみたいと思います。

レーザー手術を受けた後は「ドライアイ」になりやすいと思います。殆どの人がなってしまうと言っても過言ではないと思います。どの程度「ドライアイ」になってしまうのかは個人差がありますので何とも言えないのですが、手術で角膜知覚神経と言う神経を切っているのでその神経が繋がるまではドライアイになるのは仕方がない事だと認識しておきましょう。

だからと言ってドライアイを放っておけと言う訳ではありません。対処方法としては人工涙液の目薬を処方してもらって点すようにしましょう。

この「ドライアイ」ですが誰もがなってしまうからと言って、ずっとなっている訳ではありません。先ほども記述した様に神経が繋がるまでの一時的な物ですのであまり心配はしない様にしましょう。
大体手術してから1~3か月位が目安だと思いますが個人差がありますので、長い人だったら半年位は続く可能性があります。

そのドライアイがあまりにも酷いと感じる様であれば直ぐに医者に行き診てもらう様にしましょう。また今まで使用していたコンタクトレンズが原因となってドライアイになってしまっていた人の場合には、レーシックをする事によってドライアイが治ってしまう可能性もあります。