視力回復・レーザー手術 > 視力回復手術後の合併症や後遺症

視力回復手術後の合併症や後遺症

視力回復のレーザー手術を行った際の合併症や後遺症で「過矯正」について説明してみたいと思います。

視力を回復させようとレーザー手術をするケースは多々あると思いますが、「過矯正」と呼ばれる矯正のし過ぎについても考えなければならないと言う事です。

過矯正と言うのは予定以上の効果が出てしまった結果、近視の人は遠視に、遠視の人は近視になってしまうと言うことを指しています。

近視が遠視になってしまう過矯正の場合、何が後遺症として出て来るかと言うと、例えば眼鏡を初めてかけたときの事を思い出してみて下さい。何か目が眼鏡に慣れなくてクラクラするような感じがしたのを覚えていますか?あの感じがずっと続くと言う後遺症が出るのです。

では、何故この様に後遺症が出てしまうケースになってしまうのかと言うと、レーザー手術ではエキシマレーザーと言うレーザーを使用して手術をします。それを使って角膜を削るのですが、水分量や角膜の形状を、エネルギーなどの微妙な変化により稀に誤差が出る事があるようで、これが過矯正になってしまう原因となるのです。
でも過矯正になったからと言って慌てないようにする事が大切で、まず暫らくは様子を見てみる様にしてみましょう。時間が経つとその視力に慣れてしまう事も考えられるので、それ次第で再度眼科による処置をしてもらうなどアフターフォローをしてもらいましょう。

また経過が思わしくなければ再手術と言う事にもなりますので、信頼できる病院を選んでおく必要があります。