視力回復・レーザー手術 > 視力回復手術「イントラレーシック」とは!

視力回復手術「イントラレーシック」とは!

視力を回復させる手術に「イントラレーシック」と言うレーザー手術があります。「イントラレーシック」と言うのはどう言う物かご存知でしょうか?この「イントラレーシック」と言うのは「へエキシマレーザー」を使って視力を回復させる方法です。

視力を回復させる方法には昔のPRKと言うレーザー手術から始まり、レーシック、イントラレーシックに様変わりして現在の主流はイントラレーシックと言う手術になっています。

では「レーシック」と「イントラレーシック」の違いはどう言う物だと思いますか?下記に挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

・手術後に起こる可能性がある、「合併症」「後遺症」の発症率はイントラレーシックの方が確率などが低いと言われています。
・イントラレーシックの方が手術後、視力が回復する速度も精度も優れていると言えるようです。
・「レーシック」では角膜が薄い人は手術適応外だったのですが、「イントラレーシック」では角膜の薄い人でも手術が受けられる様になりました。

と言う様なメリットがある為に現在では「イントラレーシック」を主流にしている眼科が増加して来ているようです。

ちょっと余談なのですが、今まではアメリカの空軍パイロットには視力矯正や治療などの手術に関しては一切許可されていなかったそうです。しかし、この新しい手術「イントラレーシック」に限っては許可が出るほど安全性の高さと、確かな効果が確認されていると言っていいと思います。