視力回復・レーザー手術 > 視力回復手術を受ける人の向き不向き

視力回復手術を受ける人の向き不向き

視力を回復させるレーザー手術を受けるにはある程度の覚悟が必要だとも言われていますが、メガネのうざったさ、コンタクトの煩わしさから解放され裸眼で歩けると言う事は目が悪い人にとってはこれ以上無い位に嬉しい事だと思います。手術を受けた人から言わせると「もっと早くやっておけばよかった」と言う人が本当に多いと思います。

しかし、どの手術に関してもそうなのですが100%失敗しないとも確実に終わるとも言えないのが手術の怖い所だと思います。この手術に関しては緊急を要する様なものではないし、やらなければならないと言う手術でもありません。ですから自己責任の世界になってしまいます。自分の目が良くなりたいから受ける手術になるので、もしかすると目に傷を付けてしまう事が最悪の事態を招く事に繋がるかも知れないと言う事を頭に入れておきましょう。

では視力回復手術、レーシックを受けるのに向いている人はどのような人か挙げてみたいと思います。

・視力がメガネやコンタクトでは矯正しきれない程の視力を持っている人の場合
・裸眼でなければ仕事が出来ないと言う人の場合

と言う人は緊急を要すると言うか手術の必要性がある人だと思います。

次に視力回復手術、レーシックを受けるのに向いていない人はどのような人か挙げてみたいと思います。

・手術をする際に必ず適応検査と言う物をするのですが、これに引っ掛かってしまった人は手術の安全面から考えてみても手術を受けられないと言う事になります。
・手術を受ける事自体が恐怖で、耐えられないと思う人
・医師の言う事を守らずに自分勝手に突き進む人

等は手術に向かないのではないかと思います。