視力回復・レーザー手術 > 視力回復によるレーザー手術の最新技術

視力回復によるレーザー手術の最新技術

視力を回復させる為に行うレーザー手術は近年安全性の高さと手軽さが認められる様になり、それを受けて手術する人もかなり増えてきている様です。

このレーザー手術について、安全性の高さや特徴、手術方法等様々な事について記述してみたいと思いますから参考にしてみて下さい。

目の遠視や近視と言うのは眼球や角膜の屈折異常によって起きていると言って良いと思います。この屈折を目の外部から矯正しようとしているのが、馴染みがあるメガネやコンタクトです。
また、目の内部にある角膜の屈折を矯正しようとしているのが、レーザー手術なのです。

まず手術の方法についてですが、目の角膜の一部分を医療用超小型電動カンナ(マイクロケラトーム)で削り、角膜の上部分にフラップと言う蓋状の薄い皮を作ります。
この作ったフラップを開いてみて、中にある角質にレーザーを当てる事により、角膜の形状を変えていきます。形状を変える事で屈折を治し、視力を回復させるようにします。その後開いたフラップを消毒して元に戻し終わりです。

これはレーシックの手術方法なのですが、イントラレーシックと言う手術方法もあり、これはフラップを作る工程の時、マイクロケラトームではなくレーザーを使います。これにより、手術後に起こるハロ等の症状を抑える事が出来るのです。

また今まで失明したと言う報告が無い事、イントラレーシックによって様々な後遺症の発生を減少させている事などから安全性の高さも伺えると思います。