視力回復・レーザー手術 > 視力回復のレーザー手術についての説明

視力回復のレーザー手術についての説明

視力回復をさせるレーザー手術に関してですが、いくら安全性が高いとは言っても手術自体は人の手で行われます。

ですから100%大丈夫なのか?と聞かれたらそうとは限らないと言うしか無いのが現状だと思います。

でも視力回復に関わるレーザー手術に関しては基本的には安心で、問題が無いと考えても良い様に思えるレベルである事は事実です。

失敗と言うレベルでは無いにしろ、レーザー手術を行った後に一時的であるにしろ合併症や後遺症があると言う事も見過ごす訳には行きません。

では、どんな合併症等があるか心配ですよね?

どんな合併症があるかと言うと、光に関する症状が多く、例えば光を見てみて何となく光り全体がボヤーッとした感じに見え、光の輪が出来ている様な感じで見える事があるそうです。

これを「ハロ現象」と言う様に呼んでいます。

後は光を見るとものすごく眩しいと感じてしまう現象を「グレア」現象と読んでいます。

合併症が起きてしまうのはある意味仕方の無い事かもしれません。

何故ならレーザー手術では角膜の一部をレーザーで削らなければならないのですから、何かしらの症状が出ても不思議はないですよね。

と上記で記述した様に考えてみると視力回復をする為の手術はいくら安全性が高いレーザー手術だとは言ってもある程度のリスクを負わなければならないと言う事になります。
そういった事をきちんと認識した上で手術に臨むようにすると心構えも変わってくると思います。