視力回復・レーザー手術 > 視力回復に関するレーザー手術の方法

視力回復に関するレーザー手術の方法

視力回復に関する方法としてレーザー手術があります。

そのレーザー手術には1種類だけでなく色々な種類があるのをご存知でしょうか?

その中で一番有名で今や主流ともなっているレーザー手術が「レーシック」と呼ばれている「レーザー角膜屈折矯正手術」と言う手術です。

この「レーシック」と言う手術は目の角膜に直接レーザーを照射する事により、視力を矯正させると言う方法で、現在では物凄く人気がある視力回復手術になっています。

この手術の他にもイントラレーシックと呼ばれるレーシックより更に技術が進化した物もありますし、エピレーシックと呼ばれるちょっとレーシックでは手術が扱えないような近視が強い人、角膜が薄い人でも受けられる様な手術もあります。

視力を回復させるレーザー手術には手術を受ける前に受けられるかどうかの適応検査を受けなければなりません。

例えば、適応検査で引っ掛かる人と言うのは、緑内障、白内障などの目に関する病気を患っている人、目の角膜が薄い人などが挙げられます。

次に手術の費用に関してですが、これは手術を行っている病院によってバラバラだと思います。

この手術は自由診療と言う枠に入っている為に、病院側で費用を決定してもいいような設定になっています。

しかし大よその値段としては20万前後と思っていればいいのではないかと思います。

しかし、これはあくまでも手術代としてなので検査代や薬代なども含むと更にかさむ事も了承しておきましょう。