視力回復・レーザー手術 > 視力回復レーザー手術レーシックについて

視力回復レーザー手術レーシックについて

視力を回復させる方法にレーシックと言うレーザー手術があるのですが、手術を受ける前に適応検査と言う物をしなくてはならず、不適応だと判断された場合には手術を受ける事が出来なくなります。
では、手術が受けられない場合とはどんな場合があるのでしょうか?
「角膜が薄い方は手術出来ません。」
「白内障等の目の病気になっている方は手術出来ません。」
「現在妊娠中の方、または授乳中の方は手術出来ません。」
「現在目の治療、特に近視治療を行っている方は手術出来ません。」
「18歳未満の方は目が成長している段階と考えられている為、手術出来ません。」
等、上記に該当する方は不適応と言う事になります。

また18歳以上でも未成年者の場合には保護者の同意が必要のため注意しましょう。

よく質問に片目だけ手術を受ける事が可能かどうかと言う質問を受けますが、片目だけでも手術は可能で、手術しないもう片方の視力に合わせてレーザーを当てて調整して行きます。

また、適応検査と手術は同日に行う事が出来ません。何故なら適応検査時に瞳孔を開く様な目薬を使っている為です。でも翌日には手術出来る様になりますので安心して下さい。

レーシックをする時には最低でも3回は通院しなくてはならず、「術前検査」「手術」「術後検診」を受けなくてはなりません。

またよっぽどじゃない限り手術同日に帰る事が出来ますので意外と気軽に受けて頂く事が出来ます。但しアイメイクは1週間ほど、避ける様にして下さい。