視力回復・レーザー手術 > 視力回復手術による近視のレーザー手術効果

視力回復手術による近視のレーザー手術効果

近年、近視手術と言うのは「レーシック」と言うレーザー手術によって、一気に普及して来た様に思えます。

では何故こんなにも一気に普及してきたのでしょうか?

・手術時間が短くなり、日帰りで出来る様になった為

・手術をしてから視力が回復するまでの時間に即効性を感じられる様になった為

・両方の目を一度に手術出来る様になった為

等が理由として主に挙げられるのではないかと思います。

レーシックなどを行ってどれ位の割合で視力が回復するのかは個人差があるのですが、0.1未満の人が0.1以上になるのは、ほぼ100%の確率でなると思うし、例えば近視が強かったとしても1.0以上になる確率が90%前後位と高い確率で効果が期待出来ると思います。

今までのレーザー手術は「レーシック」と呼ばれる物で、ある程度の制限や後遺症なども出ていたりしましたが、今では「イントラレーシック」と呼ばれる手術法も誕生し、今までレーシックが受けられなかった人が受けられる様になったり、視力の回復力もレーシックと比べると格段に上がったりしているし、後遺症等の発症も極端に減少していると言う優れ物の手術が行われる様になってきました。

この様に技術の進歩により、たくさんの人が裸眼で歩ける様になると言う快適さを手に入れる事が出来る様になってきています。

但し、この手術も「100%安心」と言う訳には当然行きませんので、やっぱりある程度のリスクをきちんと理解しておきましょう。