視力回復・レーザー手術 > レーシックとは!

レーシックとは!

レーシックとは一体どのような物なのでしょうか?

レーシックのやり方についてですが、まず眼球を固定した上で角膜の表皮を薄く剥がしていきます。表皮の一部分が角膜にくっついている状態でフラップと呼ばれる蓋みたいな形状の物を作成します。
そのフラップの内側に角膜実質層と呼ばれる組織があるのですが、そこをエキシマレーザーと呼ばれる最先端レーザーを使って削り、目の屈折力を変えるのです。そしてフラップを元に戻し終わりです。

この方法を取ることにより目の奥にある網膜のちょっと前で焦点を当てて見ていた物を、網膜の上で合わせる事が出来る様になり、ブレないではっきりと物を見る事が出来る様になります。

このレーザーで作ったフラップを元に戻すと言う工程をする事により、安全性がより高まり、回復力も高まったみたいです。
手術時間も大幅に短くなり、両目で10~20分程で終わるようになりました。また視力の回復度合いも個人差はあるにせよ、大抵の場合には翌日迄には回復しているみたいです。

この様な視力回復手術とはどのような方が受けられるのでしょうか?少し前までは芸能人やスポーツ選手などメガネがあると仕事に支障がある様な方が受けていましたが、今ではこの手術も一般的になり、メガネが煩わしかったり、コンタクトが面倒だったりと言う理由で受けている人も多くなって来ている様です。

視力回復手術は費用も高いとは思いますが、一生メガネやコンタクトを使い続けてコストがかかると思うと意外に手術の方が安く上がる場合もありますので、よく考えて手術を受けるかどうか決めてみましょう。